ただいまおかえり

帰ってきました。京都滞在14時間くらいかな? 行って良かったです。ほんと。
会社戻ったしゅんかんは躁状態で元気だったんですが、午前ちょっと仕事したらもうなんかぼよーんとしてますわ。あー帰りたい帰りたい帰りたいけど仕事が山積みー(もう歌うしかない)。


あ、ハイクの方は遠征のときしか使わないし、使うときはこっちで使うって言いますのでー。

確かに「7月はちょっと無理をする」と言う目標は立てた。それに従って組んだ予定にも満足している。


でもここまで仕事が忙しくなるってのは予定になかったよ!


しかし予定は崩せないし新幹線は待ってくれないのです。我ながら午前中の仕事量はよくやったと思う。デスクワークなのに息切れしたよ。いつもこの調子でやったらはやく帰れるのかな……。定時までもたないか。


その甲斐ありまして無事脱出。これからプチ遠征です。ひとり遠征なんて年単位で久々なので(改めて知るおともだちのありがたさ)、自分用記録に実況でもしようと思い立ちハイクを使ってみることにしました(写真入れるのに都合が良さそうなので)。今まで興味なかったんで今一つ使い方わかってないんだが。ま、キーワード?みたいの入れなきゃ迷惑になることはなかろう。


そんなわけでハイクの方で面白くもないことを書いています。

カキフライは食べられませんが

一ト月ほど楽しみにしていた本がやっと出たよー。

カキフライが無いなら来なかった

カキフライが無いなら来なかった

オードリーが言語遊戯王と言うイベントに出るらしい→オードリー関係なくなんて面白そうなんだ→発案者のせきしろ氏のブログを読む→この本が出ることを知る→心待ち で、やっと発売になりました。
自分が生きてる時代に即した自由律俳句が読める時点でまず嬉しい! と言っても自由律俳句と言えば放哉と山頭火と言うひじょーに平凡な認識ですが。ちなみにそのふたりなら放哉が好きですが、2首見せられて「どっちがどっちだ」と聞かれたらたぶん正解できない程度です。
口語短歌は好きなのあんまりないし、川柳もあまり企画っぽいのは興味が持てないしで要するにストライクゾーンが狭いのでどうかしらと思っていたんだけどこれは好きだわー。脱力具合も、否定の表現の度合いも、可笑しみも。
追記:
特に好きだったのを5首引用。ほんとは10首くらい選びたかったんだけど短歌とか俳句の引用ってなー……。むつかしいんだよな。全文になっちゃうから。でもこれで知り合いの誰かひとりでも手に取ってくれたらなぁと。隠します。まずそうなら消します。ええ即。

続きを読む

コント大会で漫才を見る

こないだのラママ新人コント大会では「けいいちけいじ」の漫才が好きだった。
残念ながら最後までできなかったけど、「話ややこしくするな!」(うろ覚え)の行が磨かれていけば、すごく好きな感じになるだろうなー。
しかしこないだが風藤松原で、今回がこれで、オードリーとナイツが好きって、私はよっぽど立ちんぼ漫才が好きなんだな(自分の嗜好模索ちゅう)。
どっかで若手が漫才だけやるライブとかないのかしら。

スクール革命 6/28

若:僕あんまり、ちょっといき、生きてて、
  あんまちょっと楽しくなくて、
  好きなものなにがあんだろうと思って、
  自分で書き出してみようと思って
  そのノートやめてください
  昼、昼間からこんな暗い話すると思わなかったです僕も


そんな若氏の好きなものは「ザーサイ」「温泉」「盗塁」「マンゴープリン」「(判読不能)豚」「ケンケン(判読不能)」「(判読不能)気に読める(判読不能)」