こんな夢を見た。


下町にある場末の娼館。といっても板塀にトタン屋根の粗末な民家だ。
八畳間にみっしり敷き詰められた布団の上に座って、若大将が喋っている。
馴染みの娼婦(おばちゃんばっかり)に囲まれて、よく笑っている。
何かを思い出したように若大将が鞄を探って取り出したのは自分のブロマイドだった。
しかも、事務所公認のショップ写真じゃなくて、駄菓子屋で売っているような、
いわゆるパチモンが縦に10枚も連なった帯状のものを二本も。
若大将は楽しくてたまらないといった風にそれをびらびらとさせて、言った。
「男前やろ? 壁に貼っといてな!」



そしてこないだ書きかけてやめた文章がこれ↓


(ジャニーズウェブのNEW素を読んで)
若大将の連載が読みたいという夢(ただの欲望とも言う)がますます膨らんだわけですが
個人的には新創刊の「NIKITA」とか良いんじゃないかなーと思うんです。
「金持ち中年男に貢がせてなんぼ!」の艶女たちも、
若大将のオスの子的魅力の前にはひれ伏さずにいられまい。
てろってろの素材の黒シャツにごっついダイヤの指輪なんぞはめて登場してもらった日には
当方泣いて喜びます(もちろん黒髪オールバックでね!)。



……私はたしか、和ちゃん@てるてる家族で若大将にはまったはずだったんだが……。
若大将。魔性の男。


こんな内容で200人も流れ込まれたら申し訳ないので
今日は若大将のフルネーム表記は無しにしよう。