せっかく買った「Top stage」を会社の引き出しに忘れてくる(ついでに財布も忘れた)と言う大失敗をしましたが無理矢理感想。写真がどれも良いとこ拾ってもらって! 村上さんのなにかを超越した男ぶりは言うまでもないとして、大倉さんのやらかい笑顔の可愛いこと! 若大将(錦戸さん)は上手ステージ下でつくなんでたときはあんな表情してらしたのね。舞台写真ではなんといってもすばるさんにひざまづくヨコヒナー! とここまで書いて気づいたのですが私ひょっとして舞台の感想全然あげてなかった……? 初見時の各人印象は書いたんだけど風間さんMCで力つきてアップに至らなかったんだ! わーすっかり書いた気になってたー! しかしようやく魔法から解放されてきた今になってあの興奮しまくり喚きまくりの感想なんざあげても良いもんか……。大荒れだった20日2部の覚え書きあげる前にあっちか。


気を取り直して雑誌感想続き。ソロインタビューに裕さんがおでましだ! もーあの生い立ち書いてる人と同じ人とは思えない大人な受け答えで舞台観を語ってらして。「東亜悲恋」観たかったなー。各地の絶賛評と千秋楽の花エピソードだけきいて「ヨコ頑張ってんだなぁ」とか思ってたんだ。まさかあのころは「ヨコ」にここまでかっさらわれることになるなんて夢にも! 
インタビュー後半はどれもこれもたまらん話題で! 裕さんが東京でやりたいって言ったからもう大丈夫だ。しかし大阪のお客さんは確かにシビアだと思うけどエイトには「東京の笑いがわからん」と言う別のハードルがあるからね(笑)! なんにせよ待ってますよカモンマジサマ東京興行!


しかしたまらん大賞はやはり「アテ書き脚本」のくだりでしょう! もーどんだけエイトが好きなの裕さーん! あ、私が心酔する裕さんテキストは主に詩なのでいつもよりはちょっとは落ち着いてますが(これでか)裕さんの脚本読っみてぇ! だってこのインタビューでもすでに「メンバーだけが知ってるメンバーの素顔自慢」のにおいがしますよ。脚本を通じて裕さんが見てるメンバーの顔が見られるわけですよ! あぁ若大将はどんなに幼く内クンはどれほど可愛くすばるさんはどんなスターに描かれるのか……! 待ってます「ほんじゃに!特別編二時間ドラマスペシャル」!


でもやっぱりそれよりなによりたまらんかったのは「裏の顔」の例でまっさきに村上さんを出してきて自慢した裕さんの呼び方が「ヒナ(村上信五)」だったことだぁっ! たまらん! たまらんよヨコヒナ……っ!