演タキ城千秋楽おめでとうございます。ありがとうございましたー!


タキ様、裕さん、大倉さん、幸宏さん、藤ヶ谷さん、戸塚さん、山田様(タキ様以外観てた順)、Jrの皆さん、全ての出演者の皆さん、スタッフの皆さん、大道具も小道具も盆もセリもほんとにほんとにお疲れさま! 義経の最期のシーンで斜めに斬られる陣幕に、水を吸ったような汚れを見つけたときにはぐっときました。2ヶ月の長丁場をほんとうにお疲れさまでした。


タキ様についていろいろ考えたいのです。城の主なのに、自分ひとりのための舞台なのに、なぜあんなにみんなを輝かせることができるのか。あの方はどんなときも、それこそ自分の名前を冠された舞台でも、たったひとりで輝こうという意識はこれっぱかしもないんじゃなかろうか。
カウコンのビーナスを観た時に「やっぱりたきつばのバックにあの世代がいるのは落ち着くね!」と言ったのですが、逆に言えば、私はああやって所帯の中心とてっぺんにいるタキ様しか知らないのです。かつてのJr組織しかり、演タキ城しかり。そのくせ翼さん以外に並び立つ人のいない孤高の存在のような気もしていました。
変わった方だと思うのです。アイドルグループとして最小単位の2人組、ソロ活動もガンガンされて、主演をはれるタイプで。それでも身一つ(つまりタッキー&翼の活動とは別)での本領を発揮する時に、あの方が選ぶのは「大所帯の座長」なのだろうと、演タキ城を観て思いました。しかも周りを犠牲にするんじゃない、恐縮するほどに大きな仕事を与えてくれる。
演タキ城は不思議な舞台でした。タキ様お一人のちからで作り上げたものではないとはっきりわかるのに、たったひとりタキ様いなかったら一瞬たりとて存在し得ないと言うことも、また明らかなのです。でも不思議でもなんでもなく、それが類い希な「座長」と言うもののちからなのかもしれません。機会を与えられて周囲は頑張る。輝いて大きくなって、一座も成長していく。そして一等星のような座長がいる。ごく自然で、でも有難い、うつくしい構図。


2ヶ月間ほんとうにお疲れさまでした。ほんとうにひたむきで楽しそうだったみんなが、何かを得たなんて自明のことなので、ただひたすら楽しませてくれたお礼を。ありがとうございました!