横山裕さん、25歳のお誕生日おめでとうございます。


いい加減最近裕さんが好きだ素敵だと書きすぎて、お誕生日だというのにコンサートのネタバレ無しに褒めたたえられることがあまり思いつかないので(いや思いつきはするんだがたぶんどれも一度は書いている)、以下はお誕生日にかこつけた自分語りです。


ミーハー故に好きな人がたくさんいる私ですが(最近は佐竹君がこうたろうちゃん系でかっこいいと思ったり、朝の連ドラの味噌屋の息子が直球ストレートで好みど真ん中だと思ったりしています)、嫌いになりたくないと思ったひとは今のところ裕さんだけです。


私はダメ出しを読むのがものすごく苦手で、うっかり読んでしまったりすると「そんなに言わなくてもいいじゃん……」と自分がけなされた勢いでへこんでしまうのですが、実際自分が失望したときには、ダメ出しもせずにもっと素敵と思われる物や人にあっさり乗り換えるので、実は文句を言ってでも関わっていたいと思う人の方が情けがふかいんだろうと思います。


裕さんにがっかりしたときだけ、ここで振り落とされるわけにはいかない、と思いました。横山裕の真骨頂はあれじゃない。それに、これでいちいち動揺してたら、ゆうゆうファンはやってられないんだろうと、末席の私にもなんとなくわかりました。
結局自分を納得させた着地点は、あまりに甘すぎてお恥ずかしくてとても書けませんが、そうやってこじつけてでも裕さんを嫌いになりたくなかった。アイドルにとっては、ひとりファンを失うことくらいなんらの痛痒でもないでしょうが、私の人生の楽しみ絶対量にとっては一大事です。嫌うにまかせてよそへ行くより、他でもないこの先の裕さんとエイトを見たかった。


今はまたなんの無理も迷いもなく叫べます。好きになって間違いなかったと。それでもいまだに、なんで自分が裕さんファンをやっているのかさっぱりわからないダメファンですが、裕さんの25歳をファンとして目撃できてとても嬉しい。この1年も、メンバーの中にあってしあわせに笑う裕さんを見られれば嬉しい。


裕さんの
裕さんの思い描くとおりの未来が、エイトにやってくるに決まってます。
お誕生日おめでとうございます。横山裕に間違いなし。