さーてようやく一段落、かな。あああ長かった。てか物が多かった。


洋服ダンスを片づけ。とにかくすべての洋服を見直して、着ない物を選りわけようとしたのですが、もったいない気持ちが先に立ってしまうととにかく踏ん切りが付かない。
しかし最近は被災地への寄付も、大量に集まりすぎてかえって迷惑って聞くしなー、どうしようかなーと思いつつ探したところ、海外輸送費を出せば受け入れているところはあるんですね。で、いろいろ見た結果、「日本救援衣料センター」と言うところに送ってみようかと(夏物冬物の区別がないのが決め手)。送料と輸送費合わせて3000円くらいかかってしまうけど、この場合「誰かが着てくれるんならこれも出そう」と思えることが重要なのでね。ええ合い言葉は「背に腹は代えられない」ですよ。


下着類は新品に限るので、着ない下着は処分。いややっぱり体は正直だよね。もうナナシャツにしか手が伸びない。だって可愛くて薄くてあったかいんですものー! つーわけでババシャツは大部分処分。靴下が存外減らなかった……。いや私靴下とか手袋とかマフラーとか帽子とか買うの大好きなんですよ。なんだろうあの大量のタビックス(遠い目)。


結局段ボール2箱分の洋服を寄付、ポリ袋1つ分の洋服・下着を処分。あとはCD棚買ってCDとDVD収納すればほぼ完了かな。細かい雑誌の整理とか、本の再分類とかあるけど(これは楽しみ)。


今回のことでよくわかったんですが、入るからって飽和量まで入れるから、整理整頓しなくなるんですね。出すも入れるもめんどくさいから。6割か、せいぜい8割くらいまでしか、物って入れちゃいけないんだと。本棚は別だけど(そんな悠長なこと言ってられない)。
お金払って買って、お金払って捨てるんだからほんとにばかみたい。すごくだいじだと思ってても、年をとれば捨てられる物があると言うのがわかってきた。見直し点検忘れずに。