ほんまに関ジャニ∞ 1 (1) (講談社コミックス別冊フレンド)

ほんまに関ジャニ∞ 1 (1) (講談社コミックス別冊フレンド)


買ってきましたよー。いやぁ私がKCを買う日が来るとは。近所の八百屋(の4分の1が本屋)にはなかったのですっぴんで駅前までいっちまったぜ。赤字になるほどの取材費がこの「うわー裕さんこれ言いそう」感を支えているのだとしたら、印税でちょっとはお返ししないと。
カバー絵は解説含めて、楽しんで描いてくださったんだろうなぁと。ちなみに村上さんのモヘアがいちばん見たいです! 村上さんはぶかっとした服の中で体が泳いでるのが良いよね! そんでマルさんのこんなのも見たいなぁ。ああ、こんなに作り込んだ衣装とか見たいなぁほんと(苦笑)。ほんとにね、素材は良いんですから、こういう風にコンセプトががっちり決まったそれこそ漫画的ビジュアルも見てみたいです。あ、そう考えるとカトゥーンさんの名前がカトゥーンさんてのは良くできてるなぁ。
メンバー分析も楽しく拝読しました。この方は、ほんと身内視点なのにファンにならないところがすごいと思う。そしてありがたい。ええ裕さんの歌声は最高ですともー!


いっしょに別フレの今月号も買ってきました。どんどん絵が写実的になってるのは、プロペラの回の主役が若大将だったせいなんじゃないかと思ってます。やー、少数派かも知れませんが、私はこれくらいエイトと関係ない本筋があってそこにエイトが絡む――みたいな話の方が好きみたいです。少女漫画にエイトが登場しているのを読んでいるのであって、夏みかんプロジェクト的なものは望んでいないので。もちろんそれも、書かれているエイトがじつに「らしい」のがあってこそのことですが。