昨日は会社の暑気払いで帰ってきたら深夜だったので、今日になってベタ録りしておいたワイドショーを視ました。一夜にして旬を過ぎている気がしますがTU→YUの話ですよ。カザポンて! もはや山下さんしか呼ばない幻寸前のニックネームがまさか全国のお茶の間に流れるなんて……。これ絶対自己申告だよ(笑)。


アイドル以上にアイドルらしい衣装を着る風間さんに感動を覚えました。あれ、赤いきつね緑のたぬきの色なんですね。さっき気付きました。いやエイトのクリスマス衣装にそっくりで、なんの違和感もなかったもんで。


私は最初にはまった作家が清水義範だったせいか、パスティーシュがとにかく好きで、エイトも、彼等がアイドルや彼等自身をパロディ化することに長けてるとこが、かなり信頼の要因になってます。
逆に、元を知る前に先にパスティーシュを読んでしまったため、パロディを見てもパロディ化に気付かなかったりすると言う致命的なとこもあるんですけどね(受験したこともない中学生が、なぜあんなに爆笑しながら『国語入試問題必勝法』を読んでいたんだろう)。まぁなんにせよ、パロディと言う手法が大好きで、その虎視眈々さと言うか現実を軽く飛び越える可能性とかに、わくわくせずにはいられないんですよ。あとひょうたん島も好きだもんなー。あれは「風刺」の域だけど。


あの中でCD出してないのは風間さんだけなんですね。私はかつてデビューどっちでも良い派だったんですが、こうなりゃ出してもらいましょうCD。どんな企画物でも一発ネタでもかまわない。アイドル以上のアイドルらしさで、デビューそのものをおもしろがって。ジャニーズがジャニーズを演じるそれは「役者」の技量だぜ風間さん。