ヤンサンに連載中の「絶望に効くクスリ」。この漫画なぜか、私がテレビや雑誌で「どうもこの人の言うことは鵜呑みにしない方が良さそうだ」と思った方が登場することが多いです。それゆえ、読んでみて、「なるほどこの発言はこういう体験をしたからなのか」と思うこともあれば、「うーんやっぱりあまり共感はできないな」と思うこともあります。人によっては読まなかったりもしますが、まぁ、ほぼ毎週読んでます。
先週今週の「シゲさん」は、他のメディアで見たことはなく、この漫画で初めて知りました。2週読んで、どういう方かまだよくわかりませんが、旅立たない人は「「頭」で知ってて、「ハート」で知らない」という言葉はなるほど良いなぁと思いました。対象がおなじであっても「頭」で知ってることと、「ハート」で知ってることって、全然別のことだよなぁ。


たとえ話としては微妙かも知れませんが、この間彦根では「ひこにゃん文化祭」と言うイベントがあったそうです。市民の皆さんが様々な技法でひこにゃんを表現する素敵な催しの様子が、ブログでも紹介されていました。
ここで、そのイベントを見てもいない、ましてや生モチさんにお会いしたこともない私がしたり顔で「あみぐるみはモチっぽさがでてて良いよね」とか、「砂絵でモチはいまいちじゃない*1?」とか言ったとして、それは批評でも何でもなくて「はぁ?」です。はぁお前何いってんだの「はぁ?」。
大事なのは、それを作ったひとりひとりがモチさんのかわゆらしさに「ガガーン!」ときたその衝撃と、それに突き動かされていろんなモチさんを作られた情熱。「ガガーン!」抜きにして作品や表現手段をどうこう言うなんて、見当違いも甚だしい。


百聞は一見にしかずと言う諺がありますが、実際に当事者として「ガガーン!」と感じることは、視覚はもちろん五感全部、なによりその時に自分自身のこころが受けた衝撃と共にそのことを体験すること。当たり前のことですが、これは大事とか値千金とかそんなことではなく、とにかくここからしか始まらない。これがないと話にならない。
当事者として、何かを体験することが、その体験によって自分自身のこころがどう動いてなにが変わるのかを知ることだけが、要するに経験なのかなと思います。必ずしも現場に居合わせなくても、当事者として、衝撃を受けとめることもそうかなぁと思うので、ちょっと曖昧ですが。とにかく自分が「ガガーン!」とこないまま「ガガーン!」と来た人を眺めてても、なにも経験しちゃいない。


そんなわけでジャニーズの予定を楽しみきった後、やっぱり彦根に討ち入ろうと思います。待ってて生モチさーん!

*1:あくまでたとえ話です。砂絵のモチさんもさぞかわゆかろうと思います