デジタルきんぎょのふたり

先号の「べしゃり暮らし」を読んだあとに書こうとしていたのが↓↓↓


それもう「柴犬」でやっただろうが森田まさのりーーー!!!!!


有り得ない……。私の中でヨコヒナ、ルフィとゾロに次いで「グッとくる同僚コンビベスト3」の3位であるデジきんの藤川が藤川がふーじーかーわーがー(涙)。
もうさ……森田まさのりはお笑い漫画で「相方を失うこと」を描きたいんだろうか。まさかなぁ。でもSHIZU-JUNも解散してるんだよな……。


↑↑↑だったんですけど、今週のを読んでますます哀しくなった……。いや私もどっきりじゃないかと一縷の望みを持っていたんですよ……。


お笑いを漫画で描くってほんとにむつかしそうで、しょーじき、森田まさのりじゃなければとっくのとうに(ヤンジャンに移ってきたタイミングで)打ち切りだったんじゃないかなーと思ってるんですが(ジャンプ=打ち切りの刷り込まれた世代)、そうまでして、何が書きたいんだろうと、思いながらずっと読んでいたんですよ。
やっと出てきたこれがメインテーマなんだろうか。「相方」という。「柴犬」からずっと描きたいことがそれならば、「柴犬」とは違うもしくはもっと先の着地点を見つけるんだろうか。「べしゃり暮らし」では。
ああでも「相方」の曰く言い難い何かを描ききるためであっても、藤川のいなくなった喪失感がほんとうに大きくて大きくて、これ以外に何かなかったのかと思ってしまう。金本は、金本はどうすりゃいいんだよー……(泣)。これからってときじゃないか……!


ああ……。それにしても、これで私の「グッとくる同僚コンビ」の第3位は繰り上げで森野・ドアラコンビってことになるのかしら……。こないだ知ったばかりなんだけど。野球も勉強しなくちゃいけないのかしら。あ、ガチャピンとムックがいるか。