14歳のとき好きだった

へさべさ過ぎますが最近また捨てブームが来ております。しかもかなりのビッグウェーブです。なので毎週一カ所どっかを片づける、と言うペースになってまして、と言うとものすごくマメみたいですが実際はながら仕事です。


先々週だったか、衣替えがてらいらない冬服を処分。今期着なかったのは全部処分でゴミ袋ひとつぶんくらい。そのときに今年はもう「いちまいで着て恰好になるTシャツ」を探すのは辞めようと決めたので気が楽になりました。いやあるんだけどねいちまんえんくらい出せば(出さないだけで)。てかTシャツ以外の夏の手段を手に入れるべきだと思った。浴衣で会社行ければ即解決なんだが。


唐突ですが私は「日本の思春期は14歳説」の強力な支持者でして、「14歳の時好きだったものはいっしょう好き」てのはほんとの真実だと思う。だから私は倍の年齢になった今でも14歳の時に買った服がいちばん好きだったのです。でも処分。まだ着られるけど好きだけど、もうこれ着るわけにはいかないだろう、と。化粧して着る服じゃないんだよな。だから部屋着にはひつこく14歳の時に買ったベースボールシャツなんか着てますけど。
不思議なんだけど、14歳の時に買った服がいっとう着心地が良いのです。捨ててしまったネルシャツも、カバーオールもほんとうに着てて気持ちが良かった。


で、先週片づけたのが化粧箱か。古い試供品を全部捨てたらえらいすっきりした。
そんで今週がHDD。今DRで38時間くらい空いたからSPなら150時間はあるはず。明日ともういちにちある日テレジャックの日はこれで行けると思うけど、8日は追っかけ再生ができないときついからDRで録らなきゃだしなー。もうちょっと空けておきたい。
肝心の本棚には手がついていません。段ボールもらってきただけで、段ボール分部屋が狭くなっているという……。