ほんとの最終回

「ほんまに関ジャニ∞!!」が最終回だから、久々に別フレを買いました。そしたらほぼ全編FLAT FIVE FLOWERSだったからいっぺん閉じました(笑)。
それはさておき、みやうち先生ほんとうにお疲れさまでした。
みやうち先生がゆっくり休まれて、お体を治されますよう。で、編集は、これ以上続けようとしないでね、と……。うん。


読んでるだけの私にわかる事なんてほとんどないし、はっきりなにか書けることもないけれど、思ったことをなぞった上で、やっぱりみやうち先生への感謝を書いておきたい。以下、飛ばし飛ばしに書くのでいつにもましてわかりづらい文章です。


もちろん普通の漫画とは違うのを前提で、それでも「ほんまに関ジャニ∞!!」をあくまでひとつの漫画として読んだ場合、私にとっての「ほんまに関ジャニ∞!!」は2巻までです。2巻までと言うか、2巻までがデフォルトです。
3巻の幽霊の話は、話の筋がどうこうと言うのとはまた別で、何かが根本的に違うというか……。漫画の描き方が違うような。前にも書いたんですが、ページ数のことと、2巻までのペースを考えるとあれだけの話数を使う話だったのかな、と。
4部でそれはますます思って、まぁ日記を拝読して体調不良は重々承知だったんでその先入観もあるんですが、ずいぶんと違和感を感じました(皆気づくことだと思いますが最終話の亜理の大ゴマの多用も)。
みやうち先生のオリジナル作品を読んだことない私が言うのも説得力のない話ですが、先生は「寿命の尽きた漫画をキャラクター可愛さに引き延ばす」タイプの漫画家ではないとお見受けしました。これもうただの漫画好きの勘て域ですが、その方が4部を描かれること自体が違和感で、それで、ここ3、4回は別フレ買いませんでした(ほんまに〜が載ってないときははなからノーカウント)。何て言うか、私みたいのが買うからいつまでも連載をやめられないのかな、と。


亜理と先生を同一視し過ぎちゃいけないのですが、それでも気になったのが、亜理が逃げ出したときの「私の記事なんかどうでも良いんじゃないか」と言ったこと。ページが削られたのではなく「増えたから」そう思ったこと。つまりはエイトさえ載っていれば書くのが誰であってもかまわないのではないのかと思ったこと。


イナゴみたいなものなのかな、ジャニオタなんて。数が多すぎる。群がればぜったいに金が動く。
アイドルの仕事にはついて回ることだけど、「彼らが出てればそれで良いんでしょ」というオタ以外の人々からの視線は、ときとしては制作者側のもそれに則って安直にものをつくる。
でもイナゴだから。いいかげんな物は食い荒らして終わりでその後どうなろうとぜんぜん構わない。


心配なのは、心あるものがイナゴに群がられて身動きをとれなくなること。
おろかなオタクである私はそれでも良い物にこそよろこんで金を落とし続けるでしょう。当初の目的を忘れずいてくれますように、彼らを使ってやりたいことを実現できているのでありますようにと祈りながら、ひとりひとりは微々たる量を。彼らを使わざるを得なくなっているのではありませんように、彼らが不自由にさせているのではありませんようにと祈りながら、合計ではどえらい額を。


単に「エイトが載っているから」苦手な講談社の少女漫画雑誌を買い続けたのではありません。「エイトが載っているから」コミックスまで集めたのでもありません。
みやうち先生の描かれるエイトが、エイト好きな私から見てとても魅力的で、漫画を通じて普通のメディアでは見ることのできないエイトを見せてくださったから、私は別フレと単行本を買い続けました。みやうち先生の描かれた「ほんまに関ジャニ∞!!」が好きでした。
エイトを描いてくださったのがみやうち先生で、エイトファンである私は幸せです。
「ほんまに関ジャニ∞!!」が世界一のエイト漫画です。
連載お疲れさまでした。みやうち先生、ほんとうにありがとうございました。